不動産 売却 相場

不動産売却相場を掴む必要性とその方法とは

マンションや一軒家といったマイホームを購入する際は、出来るだけ長くそこに住み続ける事を前提にして購入する人がほとんどです。

 

ですが自身の仕事の都合や家族の都合等、状況が変化する事により、不動産売却を行う必要が生じる場合があったりします。

 

そういったケースでは、大半の人は出来る限り高い価格で、不動産売却を行いたいと考えているものです。そしてその希望を実現するには、不動産売却相場というのを掴む必要があります。

 

というのも査定額というのは、行う不動産業者によって大きな開きがあり、中にはかなりいい加減な査定を行う業者も存在しているのです。

 

なのでそういった業者の査定を信じて、売却を任せてしまうと、安く買い叩かれるという危険性があります。だからこそ、不動産物件を売却する際は、不動産売却相場を掴む必要があるのです。

 

そして不動産売却相場を掴む方法としておすすめなのが、出来るだけ多くの業者に査定を依頼する事です。その上で出された査定額を比較すれば、相場を掴む事が出来ます。

不動産の査定サービス

 

イエウールの特徴

・全国900社以上の不動産業者と提携
・一括査定で料金を比較できる
・60秒で簡単見積り依頼が可能
・今売れば最高額がいくらか分かる

価格 一括査定見積り0円
評価 評価5
備考 不動産の価値が分かる!
 
 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

イエイの特徴

・最大6社分の査定書を取り寄せ可能
・不動産を高く売りたい人に最適
・完全無料でサービスを利用できる

価格 一括査定見積り0円
評価 評価4
備考 多くの不動産屋と提携中なので期待できる
 
 

オウチーノの特徴

・全国500社の不動産業者が対応
・60秒で簡単入力ができて見積りを依頼
・キャンペーン情報は見逃せない内容

価格 一括査定見積り0円
評価 評価4
備考 完全無料で利用できる不動産査定サイト
 

売却したい不動産見積は複数の会社で

家や土地など、売却する必要が出てきた不動産見積は複数の不動産会社に査定してもらうのが一般的です。

 

まずは、状況把握と条件整理を行います。売却の期限、住宅ローンの残債などです。不動産を売却するときは住宅ローンを残すことができませんので、売却額で住宅ローンを清算できないときは、出費が発生することになります。

 

条件を整理できたら、複数の不動産会社に査定を依頼し、不動産見積書を提出してもらいます。査定は原則として無料で行ってもらえます。

 

複数の見積書を比べてみて、自分に必要な条件を一番満たしていると思うものを選び、その不動産会社と契約を交わします。

 

契約の仕方には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。一般媒介契約は複数の不動産会社と契約する方法で、自分で買主を探すこともできます。

 

専任媒介契約は1つの不動産会社と契約する方法ですが、自分で買主を探すこともできます。

 

専属専任媒介契約は1つの不動産会社と契約する方法で、自分で買主を探すこともできません。

 

自由度が低いですが、そのほうが不動産会社は積極的に販売活動を行ってくれます。自分に合った契約を交わすといいでしょう。